NTTドコモが展開する「dマーケット」とは?

★「dマーケット」をもうご存知ですか?これはNTTドコモが力を入れている総合マーケットサービスで、ドコモのユーザーならちょっと見逃せません!



サイトトップ > 「dマーケット」の概要

スポンサードリンク

NTTドコモが展開する「dマーケット」とは?

「dマーケット」の概要


NTTドコモが展開する「dマーケット」は現在注目の総合マーケットサービスです。これはNTTドコモが最近力を入れており、スマートフォンやタブレットで利用できる、デジタルコンテンツ、ECなどを扱っています。


もともとは「iモード」のポータルサイトのような「ドコモマーケット」という名称でスタートしましたが、その後にポータルサービスの「dメニュー」と、独自提供のマーケットサービス「dメニュー」に分割され現在の形になっています。


「dマーケット」をわかりやすく言えば、NTTドコモ直営サービスでコンテンツや商品を販売するということです。動画や電子書籍、ゲームなどのデジタルコンテンツ販売に加えて、最近、インターネット通販サービスの提供も開始して、いよいよ総合マーケットへと進化しているのです。


「dマーケット」の特徴となっているのは、NTTドコモ自体が直接のコンテンツや商品を提供している点でしょう。そのためにNTTドコモのスマートフォンは、dマーケットを手軽に利用できるように最初から専用のアイコンが用意されています。


コンテンツや商品の購入については、NTTドコモが提供する決済サービスである「ドコモケータイ払い」が利用できます。また、個別課金タイプのコンテンツなら、毎月の携帯電話料金などで貯める「ドコモポイント」を使ってコンテンツ、商品を購入できます。


このようにNTTドコモのユーザーがサービスを手軽に利用できる仕組みが準備されています。


NTTドコモが展開する「dマーケット」とは?


アクセスカウンター